マナー講座

色のお勉強

カテゴリ:色のお勉強

・色の基本、色を使い分ける方法には「色相」「明度」彩度」がある。
 「色相」→何色をしているか、つまり赤や青のことを言う。
 「明度」→いろの明るさ。
 「彩度」→色相と彩度をあわせることで、明るい青、暗めの赤など、同じ色相の中でもいろの違いが表現出来る様になる。つまり彩度はこのような色の鮮やかさの事を示す。
以上は「色の三属性」。全ての色に対して何色をした、どのくらい明るく、どのくらい鮮やかな色かを表現できる。

・輪になった虹、色相環
 虹の色は一般的に7色。(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)。7色を細かく色分けしたものを、ぐるっとリング状につなげると「色相環」が出来上がる。 
color%EF%BC%91.jpg
 この色相環を使えば、世の中にある正反対の色を見つける事が出来る。例えば黄色の反対は紫で、赤の反対は緑である。この反対にある色は「補色」と言われる。
 「補色」の関係にある2つの色は
1.残像を残す→例えば、じっと30秒位赤い色を見つめた後、白い紙に視線をうつす。するとそこには補色の関係にある正反対の色である、緑の残像が同じ形で浮かびあがる。(画家のモネは光と残像を自身の目の中にとり入れて絵を書いていたとか)
color%EF%BC%92.jpg
2.引き立ての効果あり→補色効果のある2つの色を並べると、お互いの色が引き立つ。
 例えば、キャベツにトマト、マグロのお刺身に緑の大葉。

・色の見え方
1.拡張と収縮→一般的に膨張色は暖色系で、非常に明るく(高明度)で、鮮やかさはない(低彩度)色。
           収縮色は寒色系、明るさはなく(低明度)鮮やかな色(高彩度)。color%EF%BC%93.jpg
左図の明るいピンクの方が、右図の濃い青よりも大きく見える。
    color%EF%BC%94.jpg
左図の白の方が、右図の黒よりも大きく見える。

2.進出と後退→色の遠近感です。進出色は暖色系で高彩度。後退色は寒色系で低彩度。
color%EF%BC%95.jpg
左図の赤には、進出感と膨張感がある。右図の青には後退感と収縮感がある。
   color%EF%BC%96.jpg
内側の白と黒は共に進出感がある)

・色相対比
 色を組み合わせた時、色み(色相)の変化が現れる現象。
color%EF%BC%97.jpg
左図の橙は黄みがかって(赤の補色青緑がかぶる)。右図の橙は赤みがかって(黄の補色青紫がかぶる)見える。

・明度対比
 色の明るさに変化が起こる現象color%EF%BC%98.jpg
内側の灰色は下地が黒だと明るめのグレーに見えて、下地が明るいグレーだと下地よりももっと暗いグレーに見える。

・彩度対比
 鮮やかさの変化が現れる現象color%EF%BC%99.jpg
内側のくすんだ橙は、鮮やかでない色に囲まれると明るくみえる。鮮やかな色に囲まれると暗くみえる。

・同化現象
 地色と図の色との関係で、地色が図の色を取り込んだ様に色相が変化する現象。
 例えば、みかんは赤いネットに入っている→赤みが強く見えて成熟が強調。
 ピーマンや枝豆、オクラは緑色のネット→緑みが強く見えて新鮮度が強調。

声の全身エクササイズ

カテゴリ:声の全身エクササイズ

声の変化で印象的に伝える ⇒ 声を体全体で覚える

声 
moji.gif

【練習】
a3.gif

基本姿勢:背筋を伸ばし、両手をへそのあたりに置く。
(1)トーン(高い声)      ⇒ 右手を頭の上にあげる
(2)ボリューム(大きな声) ⇒ 両手で頭の上にボールを掴むように
(3)スピード(ゆっくり)    ⇒ 胸の前で輪ゴムを引っ張る様に
(4)間 (強調)        ⇒ 手拍子2回(パンパン)

【試してみよう】
私の名前は (1)トーン (     )です。
最近忙しい毎日を送っていますが、趣味は (4)間 (2)ボリューム(      )です。
今日は、3軒のお店をはしごしてきました。このところ就職活動の面接でへこむことも多いのですが、以前大好きだったおじいちゃんがよく言っていた、(4)間 (3)スピード『何でも最後まであきらめるな、おてんと様はちゃんと見ているぞ』の言葉を信じて頑張っています。

※最初の滑り出しはゆっくり始めることを意識する(スロースタート)=全体が落ち着く
※経験がものを言う。

観察力アップトレーニング

カテゴリ:観察力アップトレーニング

1つのものを対象に様々な角度から観察する
Point:とにかくじっくり見る
色、形、手触り、模様、重さ、等

【使用道具】使用する道具は、用途が限定的でありきたりなものは控える
 例えば:魔法瓶、マグカップなどの、いろいろなデザインや形があるものがよい
ポーチ、がま口等も形やデザインに個性があるものが好ましい

【方法】
1. 1分間で観察(触ったり、ひっくり返したり)してできるだけ情報の収集
2. 1分間で観察したもののPointを言い続ける
※注意・・・主観的な見解を入れない。かもしれない、何々と思う、かもしれない等の
あいまいな表現をしない。

【発表】
目の見えない人に説明するように話す
「私の目の前には、このようなものがあります。それは・・・・・・・・」

【フィードバック】
・話を広い部分から段々と絞っていく方法で話すと分かりやすい。
・これは●●です。まずは見た目(色、形、大きさ)次に感触(重さ、手触りなど)、そして、使い方など、その後、詳細の説明時には、具体的に(何cm、手のひら、何cc、リンゴの重さ、)などの表現が大切になってくる
・相手の頭の中に写真や絵のようになってそのものが思い浮かぶような表現が重要

笑顔の体操

カテゴリ:笑顔の体操




いい姿勢2

カテゴリ:いい姿勢

とても簡単で、いつでもどこでも出来ます。
1.お腹と背中を引っ込めて、体をうすくします。
sisei1.jpg
2.そのままの状態で、肩を少し上げながら胸で息を吸います。5秒止めます。
sisei2.jpg
3.ゆっくりと息を吐き、肩を下げます。この時お腹と背中は1の状態にちかいままです。
sisei3.jpg
おへそが立てになって、腹圧がかかるので効果的です。

風呂敷の扱い方・続

カテゴリ:風呂敷の扱い方

「正式な包み方」  風呂敷に結び目をつくらない、もっとも礼儀正しい包み方
1.角が手前にくる様に風呂敷を広げ、商品は真中に置きます。
%EF%BC%96.jpg
2.手前の角を向こう側に折り、はみ出した部分は折り返します。
71.jpg
3.左側から折りたたみみ、はみ出した部分は同じくおりかえします。右側も同様です。
furoshiki%EF%BC%98%20.jpg
4.おしまいは、向こう側から手前に残りの部分を引いてきます。
furoshiki%EF%BC%99.jpg

「略式の包み方」  一般的な包み方です。
1.風呂敷は角が手前にくる様にひろげます。(柄は向こう側にする)
furoshiki10.jpg
2.手前 そして、奥の順にたたみます。(手前に折った時余った部分は箱の下に入れます)
furoshiki11.jpg
3.左右の角を引っ張ります。
furoshiki12.jpg
4.商品の上で真結びにします。
furoshiki13.jpg
5.2.で、手前にかぶせた部分を引き出して、結び目の上にかぶせると、実用的かつ
 上品な「隠し包み」となります。
furoshiki14.jpg


「ビンを包む」   ビールやワインなどの細長い物を包みます。
1.風呂敷きは角が手前にくる様に広げて、真ん中にビンを置きます。
furoshiki15.jpg
2.手前と奥の角をビンの上で結びます。
furoshiki16.jpg
3.残った左右の角をビンの前下めで交差させる。
furoshiki17.jpg
4.角同士を真結びします。
furoshiki18.jpg


「2本のビンを包む」  2本一緒に持てるのが魅力です。
1.角が手前にくるように風呂敷を広げて、ビンを倒してビンの底同士が合わさる様にして
 風呂敷の手前に奥。
furoshiki19.jpg
2.手前から、ビンを転がしながら風呂敷を巻いていく。
furoshiki20.jpg
3.巻き終わりが上になるように置いて、ビンを立てる。
furoshiki21.jpg
4.ビンの上で、左右の角同士を真結びにする。
furoshiki22.jpg


「丸い物を包む」   丸くて持ちにくいボールなどを包みます。
1.1辺が手前にくる様に風呂敷を広げて、真ん中にボールを置く。
furoshiki23.jpg
2.左側の上下の角を、ほどけないようにしっかり結ぶ。
furoshiki24.jpg
3.同じ様に右側も結ぶ。
furoshiki25.jpg
4.片方の結び目の輪に、もう片方の結び目をくぐらせる。
furoshiki26.jpg
5.くぐらせた方の結び目が持ち手になります。
furoshiki27.jpg

懐紙の使い方・続

カテゴリ:懐紙の使い方

お茶会やお呼ばれの時に、出されたお菓子を残してしまった場合は基本的に持ち帰ります。
その時の懐紙の使い方「残菓包み」です。折り方を説明します。

1.まず、お菓子を懐紙の真ん中に置きます。ご馳走様でしたと蓋を閉める感じで向こう側から
 手前に折ります。
furoshiki%EF%BC%91.jpg
2.この時に折った線が水平になるといいです。
furoshiki%EF%BC%92.jpg
3.手前から更に半分に折ります。
furoshiki%EF%BC%93.jpg
4.下から5ミリのところを、もう一度折ります。
furoshiki%EF%BC%94.jpg
5.両端を裏側に折って出来上がりです。
furoshiki%EF%BC%95.jpg

この様にすれば失礼もなく、綺麗に持ち帰りが出来ていいですね。いつも懐紙が出るとは
限らないので、必ず自身のバッグに入れて持ち歩くと便利です。

物の渡し方

カテゴリ:物の渡し方

はさみの人への渡し方です。
これは、小さい時から「刃物は人に向けてはいけない」と教えられているためか
自分の手元で刃先を握って人に渡すことが出来ているようです。

今回は別の方法です。特に古い時代にされていた様ですが効率も良く、なるほどと
思いますので機会があればやってみて下さい。

・これから人にはさみを渡す時の持ち方はご覧の通りです。
P1010010.jpg
 紙飛行機を飛ばす感じで持ちます。この時刃物の部分はなんと!相手に向けられています。
 しかし、刃物部分を下にして指を通す部分が上にくる事で、相手はそのままの形で指を
 入れて使えます。
 つまり、効率が良くて思いやりがあると解釈されています。

発声・発音の欠点はこうして直す

カテゴリ:発声・発音の欠点はこうして直す

1.声が小さくて届かない
 喉で声を出そうとせずに、体全体で声を出す。
 ひとつの音を長く伸ばす、ロングトーンのトレーニングをします。

2.息を強くするには?
 腹式呼吸が基本です→鼻から吸って、口からゆっくりと息を吐き出します。
 お腹の下3cmの丹田に意識を集中させます。

3.声が暗く印象が悪い
 相手に、半円を描きボールをパスするイメージを持って声を投げかけます。
 少し顎を前に出して上を向く感じで発声します。
 
4.共鳴が上手くできるようにするには?
 喉に手を当ててハミングをします。だんだん強くして、震えを感じてください。

5.口先でペチャペチャ話す人の矯正法は?
 口の開きをしっかりとさせます。
 「あ」自分の口を縦に指3本が入るくらいに開きます。
 「い」口の左右を、めいいっぱい横に開きます。
 「う」できる限り、口を小さくすぼめます。
 「え」指が一本入るくらいに縦に口を開きます。
 「お」口先を丸めて少し前に突き出すようにします。

6.歯切れが悪くベターとした話し方の矯正法
 母音(あいうえお)がはっきり発音できるように、トレーニングします。
 挨拶や、自分の名前を母音のみにして発声します。

7.サ行、タ行音の直し方
 サ行は、一音一音音を漏らすことのないように、丁寧に発声します。
 音にしたあとはしっかりと口を閉じます。
 タ行は、舌がもたついてしまうので、早口言葉の練習をします。

8.声の疲れをとるには
 喉は冷やさないことです。マスクやスカーフを使用。
 温かい飲み物をのみ、大豆の水煮が良い。のど飴も時々ならば効果的です。

9.無声化、鼻濁音ができない人への指導
 鼻濁音は、がぎぐげごの音の前に「ん」をつけて発声します。

立食パーティー

カテゴリ:立食パーティー

・冒頭に料理のお皿とグラスを片手で持つ方法をお伝えしましたが、難しい場合はどちらか
 テーブルに置いておきましょう。基本的には食事はテーブルの近くでするものなので持ち歩く
 のはグラスがいいです。
 でもパーティーの時に、うっかり忘れて自分のグラスがわからなくなってしまわない様に
 グラスマーカーを付けておきましょう。
 P1000089.jpg
 グラスの縁に挟むタイプのものです。この他にも女性のピアスで先がS型になっているタイプの
 ワインマーカーがあります。是非楽しみながら使ってみて下さい。

・名刺交換したい時の為には、あらかじめ名刺はポケットに入れておくといいです。
 交換の時はグラスやお皿はテーブルに置いて、必ず両手で行います。
 頂いた名刺は確認後、忘れずにしまう様に心がけましょう。

・料理を取る時に気をつけたいのが、汁ものやソースです。
 こぼす事がないように、ソースをすくったら直ぐに自分のお皿をそばに持っていきましょう。
・立食パーティーには、7対3の法則があるようです。
 それは、お話7で料理を頂くが3。1枚のお皿に盛る料理は全体の7割くらいで3割は余白。
 飲み物もこぼす事がないように全体の70%がベストなんだそうです。